カテゴリ:音楽・映画・本の話( 34 )

君の名は。

e0099212_21271300.jpg



本やさんで見つけたので
世の流れに遅れをとってはならないかな、と
購入して読んでみました。

「君の名は」の言葉の意味がやっとわかりました。


e0099212_21291843.jpg



実は、何年も前にこの右端の「秒速5センチメートル」を読んだことがあるのです。
その後、その映像も見ましたよ。
とても美しい、少し悲しい話でした。
その話の最後は、ハッピーエンドなのかどうなのか…よくわからなかった。
しかし、この「君の名は」は、多分ハッピーエンド(なんじゃないかな)
時間のずれがある二人が、時空を超えて、巡り会う話です。
あっという間に読める!
個人的には、最初はめちゃ読みにくかったんだけど
若い方々には読みやすそうです。


どちらにしろ書かれた方は、同じ新海誠監督。
登場人物は若い。
すれ違う話、でもある。
共通するものがあります。
この新海さんは、どういう青春時代を過ごしたのだろうか。
ついつい思ってしまうな…
映画は観ていないんだけど
多分、映画はこれまた、美しいのではないでしょうか。
日本が誇る日本のアニメですもの。





すれ違いというのは
青春にありがちなキーワードなのか。
いやいや、歳をとってからも
じゅうぶん有り得るな。。多分。


いくつになっても、色々あるだろうね…
人間だもの。






三重県ランキング

↑人気ブログランキングに参加中です♪

ワンクリックしていただくと、とても励みになります。
応援、よろしくお願いします040.gif









by kunikonakazato | 2017-04-03 21:41 | 音楽・映画・本の話

忍びの国

e0099212_21441561.jpg

後輩サンに教えてもらって手に取った本。
本を読むのも、久しぶりです。
この夏、嵐の大野君の主演で映画化されるそうです。
公式サイトはこちら↓





なかなかかっこいい映画ができるのでは?
なんたって、物語の舞台が伊賀や田丸城
そして、松阪近郊の大河内城まで出てきます。
戦国時代に、今住む地がどんな風だったかなんて
考えたこともなかった。
スピード感満載のストーリーにもびっくりでした。








↑人気ブログランキングに参加中です♪

ワンクリックしていただくと、とても励みになります。
応援、よろしくお願いします040.gif







by kunikonakazato | 2017-02-25 22:01 | 音楽・映画・本の話

夜市

e0099212_202946100.jpg

ネットでちらっと見かけた本です。
前知識も無くて、楽天で購入。
これは、ホラーというよりもファンタジーかな。
怖くは無いのですが・・


何とも「千と千尋の神隠し」の世界に迷い混んだような話でした。
「風の古道」という話も収録されております。
私には、そちらの方がとても印象深かった。
現実の世界の裏手に存在する、あちらの世界の古道のお話。


昨日は、FBでたくさんのお友達が金魚の写真をアップしていて
夜中にこの本を読んでから表紙をよく見ると
あれ?ここにも金魚が・・


何だろう、異界からの何かのサイン?
すんなりそう思ったりして。
これは、それほどに違和感なくスッと入って来る不思議な物語でした。






e0099212_20465143.jpg

全く関係ないけれど
この夏、一体いくつこのハロハロを食べたことだろうか。
美味しい、おいしい♡











人気ブログランキングに参加中です♪
ワンクリックしていただくと、とても励みになります。
応援、よろしくお願いします040.gif
by kunikonakazato | 2016-07-25 20:48 | 音楽・映画・本の話

袖を振る

e0099212_22423232.jpg

これも最近ネットで注文して買った本です。
まだ全部読み切っておりません。
寝る前に読んでいるとすぐに眠くなって
もう、何を読んでいるのかわからぬようになる。


しかしながら、昨晩読んでいて
興味をひかれた部分がありました。


あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る


額田王の、この有名な歌にも登場する
「袖を振る」という行為。
万葉集の中には、この他にも
「袖を振る」歌がたくさん出てくるということなのですが・・



「もともと旅立つ人などに向かって、見送る人が袖を振り、また旅立つ方も袖を振って、その行為を交わすことによってお互いの魂を交換し合う風習があって、そのことを歌った歌は万葉集の中にいくらも見える。つまり袖を振るのは、この場合、旅中の安全と無事の帰還を祈る呪術の一つだった、と見られる。袖には、それどれの魂が宿っていて、それを振る(このフルという行為は魂を振り付ける、つまり鎮魂の儀礼の一形式と認められていた。巫女が鈴を振る、火消しが纏いを振る、神主が玉串やら幣を振る、みな同じことである)ことによって、魂を相手に振り付けることができたのである。
(本文より)




日本人には、古くから
言葉には魂が宿るという、言霊信仰のようなものがあります。
言葉は一旦その話し手の口を跳び出すと
それそのものが意志を持ち、魂を持って作用するという。


…そしてまた、袖を振って
その魂を相手めがけて送っていたのか。


なるほどね。





以上。ではでは、今夜も読むぞ。
ソシテワタシハ、ネムクナ~ル





人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。

ワンクリックしていただけると、とっても励みになります♪ 
応援よろしくお願いします040.gif

by kunikonakazato | 2016-05-13 22:57 | 音楽・映画・本の話

本を買いました

e0099212_21384676.jpg

JR東海のキャンペーン
「うましうるわし奈良」の写真集。
最後に、仏像の見方の簡単な解説なども。


いやぁ、良い本です。
訪れたことのあるお寺、拝見したことのある仏像
そして、まだ行ってない場所。
写真を見ると、ため息が出てしまいます。
どれもこれも美しい。
お店の棚においておきますので、また見に来てくださいね。




しかし、何という便利な世の中になったものか。
ネットで注文すると、翌々日くらいに
ちゃんと欲しいその本が、家まで届くという幸せ。




人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。

ワンクリックしていただけると、とっても励みになります♪ 
応援よろしくお願いします040.gif

by kunikonakazato | 2016-05-10 21:35 | 音楽・映画・本の話

NAGI買いました♪

e0099212_223035.jpg

スーパーの本のコーナーで
「買おうかな、どうしようかな」と数日じーっと見てましたが
(なんせオカンには、自分の為に使うお小遣いがあまりない)
今日は思い切って買ってきました。


「倭姫命の旅」と題された特集です。
倭姫は、天照大御神を祀る伊勢神宮(皇大神宮)を
各地を回った後に、今の伊勢の地に創建したというお方です。

その旅の足跡をたどるという内容で
なんと、うちのエリアからとても近い神社などが載せられています。
知らなかった場所も。一度行ってみようかな。




関係ない話なのですが、明け方とてもヘンな夢を見ました。
内容は、書くのを自粛しますが
こういう場合にチェックするのは、ネットの夢診断。

わかったような、わからぬような・・



私の夢は、天然色で超リアルなことが多いのです。
まぁ夢なんですけどね^^;






人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。

ワンクリックしていただけると、とっても励みになります♪ 
応援よろしくお願いします040.gif

by kunikonakazato | 2016-01-31 22:52 | 音楽・映画・本の話

e0099212_2046379.jpg

あっという間に読めました。

なんというか、若い男女の話、アーチスト同士の話。
感情と感情の話。恋愛ものです。
理屈っぽいリアルな要素が入ってないと本は読めない、という方には
全くもって無理そうですが
私的には、すんなり入ってくる部分がある話でした。
くっきりと印象に残るストーリー。
平易な文体で中高大生も抵抗なく読めるなぁ・・と、一旦思ったけれど
でも、若い女性には絶対に
「こんなの何で!?」と憤慨されそうなストーリーの結末。
でもわかるなあこういうの、と思いながら本を閉じました。




若い頃は、自分のことだけ考えていれば良かったんだな。

その頃はその頃で、私だって
悩みの部分は、それなりに大きかったんだろうけど
もう私にも子供ができて、子供も成人し
今は違うステージに立っています。
なので、自分のことだけ考えていれば良いという若さの特権が眩しくもあり。



過ぎてからじゃないと、そういうこともわからないんだよなぁ。
だからといって、「悩みの大きさ」が形になるとしたら
若い頃でも、歳を取っても、大して大きさ的には変わらなかったりしてね。



ただ、言えることは
若い頃は漠然と、年齢を重ねたら、余裕ができて
今よりも未来の方が、より幸せになれると考えていた。
具体的にそう思わないまでも、誰でも意識下にそんなイメージを抱くものだと思う。
しかし実際に歳を取ると、それは単に
物語のハッピーエンドを、ぼんやりとイメージしていただけに過ぎないと気づくわけです。




そのリアルに気づく、人生後半なのでした。
以上。
本のストーリーとは、ほぼ関係無い感想文になってしまいました。
あしからず。









人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。

ワンクリックしていただけると、とっても励みになります♪ 
応援よろしくお願いします040.gif

by kunikonakazato | 2016-01-22 21:05 | 音楽・映画・本の話

異性

e0099212_21414935.jpg

最近の寝る前に読んでいる本です。

穂村さんも角田さんも、特にエッセイが好き。
キレがあります。
どちらの書かれるものも
私自身の中にもあるものを、うまく言い得ていてくれるなぁと・・



e0099212_21543582.jpg

なるほど・・・
イマドキ風に言うと「萌え」があるか、ないか。

e0099212_21552075.jpg



e0099212_2154348.jpg

なんとも色々と面白いと思う理由は
書いている方の、常人に比べての、総てのものに対する観察眼の違いかな。




e0099212_21575343.jpg

明日からまたガンバルよん♪





人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。

ワンクリックしていただけると、とっても励みになります♪ 
応援よろしくお願いします040.gif

by kunikonakazato | 2015-06-30 21:58 | 音楽・映画・本の話

ウエディング・ソング




ウエディング・ソングと聞くと
私が一番最初に思い出すのはこの曲です。

いい歌です。
一度聞くとなかなかサビの部分を忘れることができません。
最近、同級生さんの娘さんの結婚が相次いでいるのです。




人生の一番良い時。
一番美しい日。
どうぞ、幸せに。






人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。

ワンクリックしていただけると、とっても励みになります♪ 
応援よろしくお願いします
040.gif





しかし、自分でも知らない間にここまで来ちゃったなぁ・・
by kunikonakazato | 2014-05-04 22:38 | 音楽・映画・本の話

満月の夜に

e0099212_21225819.jpg

今日は、中秋の名月。
ピカピカのクリアな満月です。
うちのベランダから、隣のマンションの上にかかる月。




英語で Lunatic という言葉があるけど
実際に人間って、新月と満月の時には、結構情緒の波に揺られるみたい。



揺られると言えば・・・
ということで、思い出した中原中也さんの詩です。




e0099212_2117483.jpg



湖上


ポツカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

沖に出たらば暗いでせう、
櫂〈(かい)〉から滴垂〈したゝ〉る水の音は
昵懇〈ちか〉しいものに聞こえませう、
――あなたの言葉の杜切〈(とぎ)〉れ間を。



月は聴き耳立てるでせう、
すこしは降りても来るでせう、
われら接唇〈くちづけ〉する時に
月は頭上にあるでせう。

あなたはなほも、語るでせう、
よしないことや拗言〈すねごと〉や、
洩らさず私は聴くでせう、
――けれど漕ぐ手はやめないで。

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう、
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。


中原中也 「湖 上」














人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。

ワンクリックしていただけると励みになります♪ 
応援よろしくお願いします
040.gif





実は、上の青い写真は、ベルファームの池の写真を色加工したものです。
何でもできるよなぁ、パソコンって。

by kunikonakazato | 2013-09-19 21:29 | 音楽・映画・本の話

再び自宅一階でカフェ(The sad cafe)をはじめました♪