昭和はそのうち二時代前になる

e0099212_22025923.jpg


今読んでいる本です。
どちらもまだ最後まで読んでおりませんが…
何せ、読み始めると眠くなる。
しかも老眼で、寝転んで読んでたりすると
眼鏡があっても、超読みづらい。
どちらも、昭和の香りがする本です。



昭和という時代を、子供のころは延々と続くものだと思っていました。
子供時代の思い出は、すべて昭和に絡んでいます。
プールもひまわりも百葉箱も
わらび餅を団地に売りに来てた車も。


だから最近あちこちにある、昭和をテーマにした
テーマパークの様な場所に行くとホッとする。
しかしそのうち、昭和は二つも前の時代になっちゃうんだなぁ。
そういう私は、老いぼれた古い車になった気分。




父は昔よく、「車がエンコした」と言って
おんぼろ自家用車を自分で修理してました。
「エンコする」って、改めて探すと変換リストにも乗ってない言葉ですが。
うんともすんとも動かなくなることを表現して、そう言っていたらしいです。

さてさて、すでにもうかなり
古いパーツのつぎはぎとなってきた今の自分です。
エンコすることの無いように
だましだまし自分を使っていきたいと思います。
そんなことをとりとめもなく考えた、この本の表紙の写真。








↑人気ブログランキングに参加中♪

ワンクリックしていただくと、とても励みになります。
応援、よろしくお願いします040.gif








by kunikonakazato | 2018-07-30 22:19 | 音楽・映画・本の話

再び自宅一階でカフェ(The sad cafe)をはじめました♪


by kuniko
カレンダー